小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

なんで漢字は覚えられるのに英単語は覚えられないのか

学校が悪い。(暴論)

 

というのは冗談ですが

漢字は小学生の低学年からドリルを使ってずっと勉強しています。

学校でも小テストや50問テスト等の形で漢字にはしっかり取り組ませているようです。

 

では英単語はどうなんでしょうか。

自分の記憶や、高校生の生徒に聞いてみる(一部受け入れている)と

「進学校ではしっかりと取り組ませている」

で間違いないと思います。

 

進学校では・・・?はい、なので公立の「中学校」ではしっかり取り組んでいないのではないだろうか、と考えています。

 

いや全ての中学校ではないです、自分の地域の中学校の話です。

 

そもそも漢字は小学校6年間(全てではないけれど)取り組んで、「勉強する」「覚える」習慣をつけるのに、中学校から習い始める英単語もせめて同じくらい取り組むべきだと思います。

 

全くやっていないわけではないんですが、この地域では精々

・中間テストや期末テストで数問出す

・担任によっては英単語テストを小テストとして実施する

くらいです。

 

そもそも漢字ドリル・計算ドリルって小学生のときは一生懸命取り組んだんですから

中学生には英単語ドリルくらいあっても良いと思うんですよね。

 

何が言いたいのかというと、難しいとか頭がよくないとかではなく

英単語を覚えるためにあまり時間を費やしていないのだと思います。

 

英単語が完璧で常に学年一位を取るような子はどこにでもいるでしょう。

そういう子たちは自分で勉強できるからその位置にいます。

 

以前にもここに書いたと思うのですが、中学生の段階では頭の良い悪いはあまり関係ないと思っています。それよりも「勉強したか」「勉強していないか」に尽きます。

 

高成績の子はきちんと勉強していますし、成績が良くない子はあまり勉強していません。それは生徒たちを見ていればすぐにわかります。

 

もちろん本当に頭が良くて理解力のある子はいますし、言いたくはありませんが物覚えの悪い子だっています。でもそれは一部であり

「おれ全然勉強してないわー」

と言いながら90点~100点を取るあの子は大体の場合勉強しています。

その子の「勉強していない」と違う子の「勉強している」では前者の方がしっかり勉強している可能性も十分あります。

 

話を戻すと英単語を覚えるという取り組みをもっと行えば漢字程度には皆覚えられるはずです。中学で習う英単語は易しいですから、何度か書いて忘れたらまた書いてってやってればすぐに覚えます。

「できない」「私は英語が苦手だ」と思い込んでしまうことが一番怖いです。

これも数学の話と同じで、中学生になって最初のうちからしっかりと取り組むことが大切だと思います。

 

受験生になって夏休み明けてから

「ハローが書けません」

と言われるとこちらもかなり辛いので。。。

 

ビリギャルじゃないですが、不可能なんてことは何もありません。

それでもかなりキツくなりますので(本人も)、早めに英単語は覚えていきましょう。

英語も数学も積み重ねたものの上に新しいことを習います。

 

頑張れ皆!