小・中学校専門塾講師の思うこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

個別よりも集団の方が良いなと感じた瞬間

時代の流れもあり「個別指導」が増えていると以前にも記したかと思います。

 

基本的に生徒が「二人以上」で授業を受ければそこにはレベル差が発生し、どちらかが我慢して授業を受けていることになります。

 

授業レベルよりも学力の高い子が「我慢して」聞いているか

授業レベルよりも学力の低い子が「放って」いかれてるか

 

どちらかです。

 

生徒一人ひとり学力は違いますから、全員が授業レベルと同じ学力であるということはありません。

集団授業では一人ひとりに合わせて授業を進めるわけには行きませんから、もっと早く進めてほしい子がいることがわかっていてもペースを上げたりはできません。

逆に手が止まっているな、難しい顔をしているなと感じる子がいてもその子が理解できるまでペースを落とすこともできません。1回の授業で進めなければいけない範囲がある程度決まっているからです。

 

上記のような理由から集団指導よりも個別指導の方が今現在は好まれている傾向にあるなと感じています。実際一定の水準以上の学力を有している生徒以外は個別指導の方が良いと思います。

 

というのが自分の考えでしたが・・・

 

最近「あ、集団の方がよいな」と感じた瞬間がありました。

それは

「私立中学を受験する小学生(特に6年生)」

です。

 

皆基本的に公立の中学に進む小学生が多い中、親御様の意向にしろ本人の意思にしろ

「私立中に進学する、したい」と意思を持った小学生にとって一番大切なのはモチベーションだと感じたからです。

 

公立中に進む小学生は別に入試があるわけじゃないので、基本的に学校の予習・復習をしています。しかし私立中受験の小学生はそれプラスαの勉強が必要になります。

 

そうなったとき一人でやっているよりも「教室のみんな」が同じ目標を持っているとがんばれると思うんです。

「私だけじゃないんだ」「みんながんばってるし」「友だちと一緒に合格しよう」

こういった考えがきっと力になってくれるのではないでしょうか。

 

基本的に自塾は地域の小学生・中学生を中心に指導していますので、私立中学受験の生徒は珍しいです。だからそういう子たちばかりが集まった塾(教室)の方がその子にとって良いのではないか・・とふと思いました。

 

もちろん全力で指導にあたっていますが、周りの子たちにはない課題や宿題を出しているときに「なんで私だけ・・」とか思っていないかなと不安になることもあります。

 

「やる気スイッチ」ではありませんが、その子のやる気やモチベーションを管理するのも塾講師の大切な仕事ですね。がんばります。