小・中学校専門塾講師の思うこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

塾において口コミは最強

そんなこと知ってる!と塾業界の方のみならず思うかもしれませんが、本当に口コミが強い業種です。 塾というのは他の一般的な商売と少し違うところがあります。 サービスを提供する人=子ども 支払いをする人=保護者様 とお金を払う人とその対価を受け取る…

学校と力を合わせたい

地域によって全然違うことって色々あると思います。 塾に関してのことなのですが、学校の校門前で学習塾がチラシや鉛筆などを配布しているところを見たことありませんか? いわゆる「校門配布」という販促活動なのですが、これが禁止されているところとOKな…

参考書は何冊も買わない

参考書を何冊も持っている子はそれぞれが中途半端に終わっていることが多いです。 高校生で難関校を目指している子や偏差値の高い子に関してはその限りではありませんが、中学生の段階では参考書は何冊も必要ではありません。 正直な話、学校の教材だけでも…

何でも自宅に届けられる時代 その2

何でも自宅に届けてもらえる時代、便利なサービスを使いこなすお母様方も 家庭教師は嫌なので家庭教師のように個別で指導をしてくれる「塾」を探していると言います。 お母様方が家庭教師を嫌だと言う最大の理由は自宅に入られることだとのこと。 確かにその…

何でも自宅に届けられる時代

先日ヤマト運輸さんに勤めている友人が久しぶりのお休みということで、一緒に食事をしてきました。 「もう忙しすぎて死にそう。お金はいらないから休みをくれ」 ということを言っていましたが・・・実際運輸というか、運送業は時代背景もあってものすごく忙…

成績保証制度に関して その2

成績保証制度の 「+20点が達成できなかったら翌月受講料を無料で補習します!」 これについて考えてみます。 まず、この特典に関しては塾によって1ヵ月分だけだったり、2~3ヵ月分だったり、半年間という塾も聞いたことがあります。塾によって違うという…

成績保証制度に関して

「〇〇だけの成績保証制度!」 というフレーズを見たことありませんか? どこの塾さんが始めた制度かは私もわかりませんが、今では多くの塾で採用している制度ではないでしょうか。特に商圏に学習塾の多い激戦区だと他所がやってればこちらもやらなければ・…

塾の先生には敬語を使うべきか

塾の先生には敬語を使わなくても怒られることはそれほどないかもしれません。 それでも最初から使う子もいれば、使わない子もいます。 過去の経験としては高校生から入塾してくる生徒はほぼ敬語でした。(9割ほど) そして今現在は小・中学生専門で指導して…

受験生(中3)の入試後の勉強はどうする

受験生も入試が終わり、結果を待つだけになりました。 「今週末は勉強のことは忘れて、ゆっくり休んで!好きなだけ遊んで!」 と伝えはしたものの、来週からは通常通り塾に来てもらいます。 塾では前月に翌月月謝をお引き落としするか、当月月初にお引き落と…

中学校の定期テスト対策 国語編

自分の教えている生徒は国語の勉強に一番困っています。 「どうやって勉強したら良いかわからない」 と言います。それは自分も当時そうでした。 実際国語の出来る子は特に勉強せずに毎回80点以上は安定して取ってきます。 自分も文系で国語が得意だったの…

勉強の習慣をつける

「習慣」というのは本当にすごいもので、普通なら面倒だなぁと思うようなことでも習慣になってしまえば苦ではなくなります。 例えば 「腕立て伏せ〇回!腹筋〇回!背筋〇回!」 やれと言われれば普通は嫌な人の方が多いでしょう。それでも毎日これをセットで…

子どもが嫌いな塾講師の話

以前勤めていた予備校に「子どもが嫌い」という講師がいました。 さすがに堂々と子ども嫌いを公表するわけにはいきませんから、もちろんそのことを知るのは一部の同僚だけでした。 自分はまだ数年目の新米であり、その講師はベテランで当時は真っ向から自分…

後期選抜

本日は公立高校の後期選抜、いわゆる一般的な入試です。 皆持てる力を発揮して頑張ってくれていることと思います。 そういえば 「入試前日には何を勉強したら良いのですか?」 と聞かれることが度々あります。 自分は 「一番勉強した(覚えた)参考書をパラ…

中学校のテスト対策 社会編

中学校の定期テストは基本的に暗記で対応できるというお話をしたことがあります。 社会はその最たるものではありますが、完全に「語句」として暗記してしまうと問題文をひっくり返されたときに対応できないことがあります。 今回の学年末テストであった事例…

褒めて伸ばすのか叱って伸ばすのか 自分編 その2

その後センター試験の結果も良く、センター出願に加えて本入試に至るまで全て合格することができました。と言っても私立ですから国立に比べれば楽な方で同級生と比べれば大したことはありませんでしたが・・・。 そして担任に報告に行くと・・・ 涙を流しな…

褒めて伸ばすのか叱って伸ばすのか 自分編

褒められると伸びるタイプ、叱られて伸びるタイプとよく聞きます。 実際にどちらが正しいのかはわかりません、正解などないのかもしれません。 それでも子どもたちには確実に褒めた方が伸びる子と叱った方が伸びる子と、どちらも存在すると感じています。 そ…

塾講師にも色んな人間がいる

今現在は生徒を少人数制にし、一人で仕事をしていますので同僚はいません。 ですが、以前は某大手予備校に在籍していましたのでいろんな講師を見てきました。 熱い先生・冷めてる先生 すごい知識量の先生・大学生と変わらない先生 すごい学歴なのに生徒から…

小学生のテストで中学生以降の判断はできない

小学生のテストは易しいです。100点を取ることも珍しくないと思いますし、少し失敗しても80点・90点ぐらいが多いと思います。平均点とかもこの段階で気にすることはほとんどないと思います。 また、単元ごとにテストをしますので数が多い分一つのテス…

テスト前日の徹夜は有効なのか

一夜漬けという言葉はよく聞きますが、一夜漬けじゃなくて毎日コツコツ勉強をしていてもテスト前日には徹夜をする子が生徒にいます。 自分は生徒に 「徹夜は有効だぞ。ぜひみんなテスト前日は徹夜して頭に詰めこもう!」 などとは言いません。(言えません)…

ノートを取るのが上手な子

ノートを上手に取る子は大抵成績も良いことが多いです。 「ノートをきちんと取る」と「ノートを上手に取る」 は違うものと考えています。 前者は良くも悪くも先生が黒板に書いたことをそのまま写します。 後者は同じことは書きません。全く同じことを書くの…

暗記科目か暗記科目ではないのか

よくわからないタイトルになってしまいましたが、社会なんかは特に暗記科目と呼ばれます。これは高校生でも同じで大学受験まで続きます。 暗記科目かそうでないかの定義があるかどうかはよくわかりません。それでも数学なんかは暗記でどうにかなるものではな…

学校の宿題について思うこと

学校の宿題でさえ家でやる気にはならず、塾に来て宿題をさせてほしいという要望が非常に多くあります。 自習室を作り、学校の宿題等をそこで仕上げて良いよと伝えるとすぐに連日埋まるようになりました。 授業で手が空くとその宿題をどんなものか見せてもら…

映像授業のメリット・デメリット 講師編

講師のメリットとデメリットについてです。 ■メリット ・経営者からすると人件費の大幅な削減につながる ・実質講師が自分一人であっても生徒一人ひとりに「個別指導」を謳うことができる ・フランチャイズとして参加すればノウハウによって専門知識がほぼい…

映像授業のメリット・デメリット 生徒編

映像授業というのは最近は珍しいものでもなくなりました。 東進衛星予備校さんのCMは見たことある人の方が多いでしょう。 「今でしょ」の林先生も別に教育関係者じゃなくても知ってるという人が増えたんじゃないでしょうか。 今では高校生対象だけでなく、小…

通信教育について思うこと

通信教育といっても通信制の学校のことではありません。 家庭学習の通信教育。ほぼ誰でも聞いたことのある名前で言えば 「進研ゼミ」 のことです。Z会も有名ですよね、どちらも全国に受講者がいると思います。 「進研ゼミってどうなんでしょうか?」(生徒さ…

家庭教師の先生が使う教材

家庭教師を大手の会社を通してお願いすると(というか個人でなければ必ず)これをまず買ってくださいという教材があります。 一度お願いしたらお月謝は実際に来てくれる先生にお支払いするだけですから、最初の契約の際にある程度まとまったお金をその会社様…

中1の生徒の英単語の覚え方

英単語をよく覚えている子と全く覚えていない・・というより覚えられない子がいます。 覚え方を聞いてみるとよくあるのは 「とにかく書いて覚える」 「赤シートで隠して何回も暗記する」 というものですが、なるほどなと思った覚え方がありました。 というよ…

受験勉強とテスト勉強は違う方法で

というタイトルにしたものの 「学校のテストで点数を取る方法」と「理解をして本当に習得する」のはイコールではないということです。違う方法でするべきという意味ではありません。。。 学校のテストで点数を取る方法は学校の教材を活用することです。 学校…

集団指導と個別指導

集団指導塾が減ってきている印象がありませんか? 自分たちが子どもの頃は塾と言えば集団指導でした。 学校と同じようにホワイトボード(黒板)の前に先生が立つ。 その内容をノートにとって、たまに当てられたら考えて答える。 いつの頃からか個別指導とい…

才能・能力の差がでるのはまだ先のこと

小学校のときは皆あまり自主学習をしないと思います。あくまで一般的にという意味なのでご家庭によってはしっかり学習をさせていただいていることも存じています。 小学校のテストというのは単元が終わるごとに実施しますので、90点・100点もそう珍しく…

小学生で英語に慣れておく

2018年から2020年にかけて小学校5年生から英語が正式な「教科」となるようです。 社会においても 「今後グローバル化がさらに進む」 「大企業だけでなく、小さな会社であれ少なからずその影響を受ける」 このようなことを耳にします。 日本人の英語力の低さ…

環境の変化

自分の塾では指導時間が他塾さんに比べて長いです。 基本的には3時間。 でも費用は安めに設定しています。 それは実質半分の時間は演習時間だからです。 半分の90分を指導時間として90分の内容を宿題として出している塾さんが多いのではないかと思いま…

小・中学生専門になったきっかけ

自分は過去に高校生の英語を教えていました。 ではなぜ現在小学生と中学生専門となったのか・・それは 未来ある子どもたちの 「将来の進路選択・夢の幅を広げたい」 と思ったからです。 高校生はその高校にいる時点である程度の進路が決まっています。 進学…

家庭教師が向いている子

自分は長いこと家庭教師をやっていました。 今でも友人の子どもや近所のお子さんの指導は依頼があれば引き受けています。 よく 「家庭教師をお願いしていたのですが全然成績が上がらなくて・・」 と自分の塾に来てくれる保護者様の声を耳にします。 家庭教師…

中学校の定期テスト対策 英語編

もうすぐ自分の地域では学年末テストがあります。 今日はテスト勉強について記そうと思います。 中学校での英語の定期テスト対策はおそらく5教科で最も簡単です。 「教科書の本文丸暗記」 以上です。 少しだけ説明をさせていただくと・・・ 中学の定期テス…

とある塾講師のつぶやき

今日からここに塾講師の独り言を記していこうと思います。 特に誰かに宣伝もしていませんし、今後も知り合いにこのブログのことを教えることはないと思います。 なぜブログを始めようと思ったのかと言いますと・・・きっと誰かに聞いてもらいたかったのだと…