小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

英語の前に日本語を覚えなさい

最近の保護者様は本当にお子さんの英語教育に熱心だなと思います。 メディア・世間も「子どもの英語教育」を大きく取り上げるのでその影響が大きいとは思いますが。 これも自分なんかが思っていることなので、もっと発言力の大きな人が既に言われていること…

塾に入る=成績が上がるではない

塾に行ってすぐに成績が上がる子は一部の生徒のみだと思っています。 具体的に言うと「成績上位層」の子たちです。 学校の授業は完全に理解してますので、更に先のことを学習したり、理解を深めるために応用問題や確認の演習を繰り返します。 もともと理解力…

他人に迷惑をかけるのは絶対ダメ

学校で授業中に騒いでる子は叱られるでしょう。 塾だったらもっと叱られるでしょう。 学校の場合は先生によっては叱らず放置の先生もいるかもしれません。 でも塾では放置はしません。他の子の迷惑になるからです。 学校でも迷惑になりますが、叱らず放って…

なんで漢字は覚えられるのに英単語は覚えられないのか

学校が悪い。(暴論) というのは冗談ですが 漢字は小学生の低学年からドリルを使ってずっと勉強しています。 学校でも小テストや50問テスト等の形で漢字にはしっかり取り組ませているようです。 では英単語はどうなんでしょうか。 自分の記憶や、高校生の生…

中学生が数学嫌いになる理由 考察

2学期が始まり、例年中1生に数学の点数が落ちてくる子がでてきます。 1学期の段階でも期末テストあたりから数学の得意・不得意は判断できたりするものですが、2学期でもう「好き」なのか「嫌い」なのか本人たちが言い出します。 数学嫌いになってしまうと結…

2学期が始まりました

地域によって多少の違いはあっても、小・中学校は9/1から登校という子が多いのではないでしょうか。 長かった夏休みが終わりました。(子どもたちにとっては短かった・・?) 学習塾に携わり、夏期講習を実施・担当されていた先生方は本当にお疲れ様でした。…

親への感謝を

親への感謝というと、大人になってから芽生える方が多いのではないでしょうか? 自分もそうですし、周りの同級生を見ていても大人・・社会人になってから親への感謝を改めて感じる人が多いようです。 塾に通っている生徒さんにはどうしてもこの親への感謝の…

夏休み子どもたちにやってもらいたいこと

夏休みは本当に時間があります。 大人になったらこんな長期休みはありえないでしょう。 自分が大人になってから 「あのとき〇〇をしておけば・・・」「無駄に過ごしたなぁ」 と感じた経験がある方も多いと思います。 自分の考えとしては 子どもの時の一生の…

塾の夏期講習 塾長・オーナーにとっての夏期講習とは

塾長、会社経営による場合はオーナーにとっての夏期講習とは 「稼ぎ時」です。 通常の月謝に加えて夏期や冬期の特別講習費は別でいただく塾がほとんどだと思います。 例えば生徒数がそれほど多くなく、毎月の収支はギリギリのところでやりくりされている塾長…

塾の夏期講習 講師にとっての夏期講習とは

「講師にとっての夏期講習とは」と言っても色んな視点があるので一言では言えないのですが・・予備校に勤めていた経験を踏まえながら色々書こうと思います。 ここで言う講師とは雇われの社員・もしくは非正規の講師(教務のみ)のことを言います。塾長(個人…

塾の夏期講習 生徒にとっての夏期講習とは

塾では夏期講習が始まり、先生方も出勤時間が増えたことと思います。 経営者の方はもちろん、社員として働いている講師の方も夏休みは出勤日・出勤時間が多くなっているのではないでしょうか。いや絶対そうだと思います(笑) 商売として考えればお客様は生…

個人塾と大手FC塾の違い その③

最後に大手FC塾に加盟する場合のデメリットです。 大手の看板を使わせていただくということはメリットがかなり大きいです。 その反面デメリットも大きいと考えるべきですが、当然加盟相談の際デメリットはあちらから伝えられることはありません。 なので実際…

個人塾と大手FC塾の違い 続き

完全オリジナルで塾を開校した場合、経費が抑えられますね。 例えば場所がもうあるということであれば極論0円起業もできると思います。 教材は教科書を持ってこさせる、教えたことはノートに書いてもらう、直接指導する。 大げさですがこれならば経費は何も…

個人塾と大手FC塾の違い

友人から塾経営についての質問がありましたので、少しでも興味がある方へ簡単なメモのような形で記しておこうと思いました。 個人オーナー、自営業といっても塾は 「完全なオリジナル塾」と「看板を借りた塾」 があります。 どの業界でもあるフランチャイズ…

転塾は悪いことではない

「塾を変える」という経験はない方が良いとは思いますが、決して悪いことではありません。塾の方針や入塾前の体験だけではわからなかったこと等、段々自分に合わなくなってきたということはあり得ることだと思います。 そして本人がいくら気に入っていても「…

学校と塾で違うこと

学校の授業は嫌だけど塾の授業は全然嫌じゃないと言ってくれる生徒が多くいます。 それはなぜでしょうか。 塾には厳しい校則はありません、全ての塾がとはいいませんが。 常識的にダメなことはありますが、学校ほど厳しくはありません。 スマホを持ってきて…

テスト勉強は質より量か、量より質か

世の中「量より質」「質より量」という言葉を使うケースが多くあります。 現在期末テスト対策で毎日多くの生徒がテスト勉強をしに来校してくれていますが、量をこなすために塾に来てくれています。日中は自宅では「やる気がでない」という理由であったり、つ…

読んで覚えるより書いて覚えよう

中間テストが終わってそう間もないのですが、期末テストがもうすぐ始まります。 教室ではもう期末テスト対策を実施しています。 今日は英語に関して少し考察したいと思います。 中学英語においては英文法は後回しでよいです。本文を何度も読んだり、ワークで…

胃腸風邪

子どもの保育園で胃腸風邪が流行し、自分ももらってしまいました。 実は胃腸風邪というのは初めてで、今までの自分のイメージだと 風邪=熱、のどの痛み、鼻水 というものでしたが、それらとは全く無縁の 嘔吐、下痢 という症状にこれでもかと苦しめられまし…

塾の評価

塾の販促活動において最も有効なものは間違いなく「口コミ」です。 多額の経費を費やしてチラシをばら撒くよりも、通ってくれている生徒さん(保護者様)が「あの塾いいよ!」とお友達にお話してくれる方が圧倒的に効果があります。 口コミは強力ですが、良…

塾に通っているのに成績が伸びない理由

過去に何度も聞かれたことがあります。 正直に言えば、自分が指導していた中でもどうしても成績を伸ばすことができなかった子がいます。そういった経験も踏まえて 「塾に一定の期間通っているのに成績が伸びない理由は何か」 考察してみたいと思います。 ち…

自立学習ができるようになると

塾の役割は自分で勉強ができるようになるまで勉強方法を指導することだと考えています。自立学習ができるまで導くことができれば、もうその子は自分で学習することができます。 学校の勉強に限らず、どのジャンルにおいても一定のレベルまで到達すればあまり…

何か身近な目標を

子どものときから大人になっても「目標」を設定し続けることは大切です。 むしろ大人になってからの方が大切な気もします。 仕事なら自営業の方は必ず目標があるはずですし、会社員の人だって目標数値がある仕事は多いと思います。 自分が大切だと思っている…

中学1年生にとって初めてのテスト その②

英語 例えば新出単語としてplayやlikeを最初に覚えたとしましょう。 もう少し進んで「I play the guitar」「He likes all vegetables」という例文が出てきたとき、guitarやvegetableは新出単語として覚える機会はあるかもしれませんが、play やlikeは授業で…

中学1年生にとって初めてのテスト 

新中学1年生にとって初めての本格的なテストが終わりました。 正直「勉強」することを身につけるところからのスタートだと思います。 ところで 中学生までを対象とした塾だと対象教科が「英語・数学」というところが多いです。 「〇〇英数学院」なんて塾もあ…

できる子は塾に行かない?

塾に通っていないのに常に成績が良い子って周りにいませんか? 今まで指導してきた生徒たち、全員が「いるいる!」と答えました。 自分の学生時代を振り返ってみても、小学校・中学校・高校それぞれ必ずそういう子がいました。 そこで表題の件を考えてみまし…

定期テスト対策をもう一度考える

「定期テスト対策」 とgoogleで検索すると数えきれないほどの塾様のHPやブログが上がってきます。 広告枠を使って紹介されているところも多いので、実際多くの生徒さん(親御様)がこのキーワードで検索をし、塾を吟味しているのでしょう。 今は大手・個人塾…

塾における小・中学生と高校生の違い

先日友人と一緒に食事をしていたところお互いの仕事の話になり 「おれが塾で生徒に教えるなら小学生が良いなぁ、だって特に今から何も勉強しなくても教えられそうだし。相手も本当に子どもだから!」 と友人が言いました。さらに 「せめて中学生が良いな、高…

個別よりも集団の方が良いなと感じた瞬間

時代の流れもあり「個別指導」が増えていると以前にも記したかと思います。 基本的に生徒が「二人以上」で授業を受ければそこにはレベル差が発生し、どちらかが我慢して授業を受けていることになります。 授業レベルよりも学力の高い子が「我慢して」聞いて…

不登校の生徒こそ塾へ来てほしい

近年不登校の生徒さんが自塾に来てくれることが多くなってきました。 不登校になる理由は様々だと思います。 小学校・中学校であれば極端な話学校に行かなくても卒業できます。 ただ学校にずっと行っていなければ将来の選択肢が狭くなってしまいます。 どう…