小・中学校専門塾講師の思うこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

中1の生徒の英単語の覚え方

英単語をよく覚えている子と全く覚えていない・・というより覚えられない子がいます。

覚え方を聞いてみるとよくあるのは

「とにかく書いて覚える」

「赤シートで隠して何回も暗記する」

というものですが、なるほどなと思った覚え方がありました。

というより思い返せば自分も当時していた覚え方でした。

 

それは・・・

「ローマ字読みで覚える」

というものです。

 

例えば「Monday」であれば「モンダイ」「Hello」であれば「ヘロー」といった具合です。

前者でいうとマンデイと覚えていた生徒がテストで「Manday」と書いて間違えたことがありました。後者で言えば「Hallo」(さすがにそれくらい覚えておけ)

 

きちんと英単語のスペルを覚えていないとローマ字読みに頼るんですね。

確かにそれで書ける英単語もあるので。

 

この「Monday」を「モンダイ」と読む覚え方って学校のテスト対策にはすごく良いと思います。ローマ字読みをしっかり覚えている子って、オリジナルでも何でも覚えやすい方法を見つけます。

「read」→「レアド」 「take」→「タケ」

こんな感じで覚えている子もいました。皆1年生です。

 

読み方としては間違っていますが、学校のテストでスピーキングはないんですよね。

読み書きができれば高得点が取れます。英語を習う本来の目的「英語が話せるようになる」のためには全くなりませんが。。。

 

上記の覚え方をしている子に共通していることは「ローマ字読み」をきちんと覚えていることです。

そんなの当たり前と思うかもしれませんが、新中学1年生の1学期中間テストはローマ字をきちんと覚えているかどうかで点数が決まります。

 

ローマ字読みを早めに覚えておけば新しい英単語がでてきても読み方の予測はつきますよね。なので新中学1年生は最優先でローマ字を覚えましょう。

 

ちなみにローマ字読みで英単語を覚える場合は正しい読み方も覚えておきましょう(笑)