小・中学校専門塾講師の思うこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

ノートを取るのが上手な子

ノートを上手に取る子は大抵成績も良いことが多いです。

「ノートをきちんと取る」と「ノートを上手に取る」

は違うものと考えています。

 

前者は良くも悪くも先生が黒板に書いたことをそのまま写します。

後者は同じことは書きません。全く同じことを書くのではなく、自分が覚えておこうと思うことだけ書いたり、先生が端っこに書いたこととか、板書はしていないけど口にしたことで大事なことをノートに取ります。

黒板に書くことの大部分のことは「教科書」を見れば載っているので書き取る必要がないと考えているんですね。書き取ることによって記憶するという意味ももちろんありますが。

その昔、某大手予備校に勤めていたときにノートを取るのがすごく上手な女の子がいました。その子にどうやってノートを取っているの?と聞いたら

 

「教科書見ればわかることと同じことを書き写しても仕方ないからそれ以外を書く」

 

という答えが返ってきました。なるほどなぁと思った半面、誰にでもできることじゃないなとも思いました。

この子は特に社会が得意で地元では有名な進学校に通っていたのですが、社会が難しいと有名でした。そこでその子に勉強方法を聞くとノートの取り方と似た感じだったんですよね。

 

「教科書の太字になっている重要語句なんかみんな覚えるからテストにはでない。その太字の周りの文章を覚える」

 

とのこと。資料であればそのものよりもその下の小さな説明文を覚えるとも。

 

「すごいな、この子・・・」と素直に関心しました。

 

確かに意図的に難易度の高い問題を作ろうとした場合、教科書で太字になっているような誰でも覚える語句をそのまま答えさせるような問題にはしません。むしろその語句を問題文に出し、そこについての説明をさせたりすることがあります。

 

生徒もそれぞれですが、こうやって出題者の意図を読み取る子もいるもんだなぁと当時は思ったものです。

 

余談ですが、ノートを全く取らない子は自分の見てる範囲では

「すごく成績の良い子」か「すごく成績の悪い子」かでした。

 

まぁ大抵後者でしたが。。。

 

すごく成績の良い子でもノートを取らない子は過去に2名いました。

「あまり取らない」という子も含めるともっといましたが・・・全く取らないという子はこの2名だけだったのでよく覚えています。

なぜノートを取らないのか?理由は二人とも違いました。

 

一人は「教科書見たら書いてあることわざわざ書かなくても教科書見ればいい」

という理由。

 

もう一人は「ノートばっかり必死に書いてると板書の早い先生だと話を聞いてる余裕がない。だから先生の話を聞くことに集中してます。ずっと先生の口を見てる」

と言っていました。

 

二人とも高校生でした。そしてともに進学校の生徒でした。

 

全員同じことができるわけありません。

自分に合った勉強法で勉強しましょう。