小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

英語大好きな女の子 その2

彼女はが普段「勉強と思わずに」毎日やっていたことは・・

 

大好きな洋楽を聞いて日本語に訳すことでした。

そして自分がその歌を歌えるように読み方を調べてCDを聞いて真似をする。

 

そりゃ中学英語は楽勝になりますよ。。。

 

リスニングから音読、意味調べ、日本語訳、英文法は自然と身についたのでしょう。

毎日これを苦にせずにやっていたのですからそれはもう英語漬けだと思います。

 

一度嫌がる彼女に少し歌ってもらったことがあります。

なるべく最近のがいいな!とリクエストをしたので

テイラー・スウィフトとリアーナの歌だったかな・・とにかくめちゃくちゃ上手でびっくりしました。

「カッコよく歌いたいから!」

という理由で聞いては歌う、聞いては歌うの繰り返しで発音も素晴らしかったです。

 

よくラジオとかで聞くスピードラーニングのようなことを自然とやっていたのだなと思いました。

 

「どういうことを歌っているのかきちんと知りたいから」

という理由で日本語訳も欠かしません。

 

アルバムの歌詞カードにある訳を見ても、翻訳者の解釈もあるでしょうし、何より彼女は単語一つの意味を知りたがっていました。なので誕生日に電子辞書を買ってもらい、それで調べながら新曲を買うたびに日本語訳・・・・

恐れ入りました。

これをずっとやっているんですから・・。

 

外国人が日本語を覚えるのに「カラオケ」を利用するというのをTVで見たことがあります。似たような感じではないでしょうか。

 

この子を見て強く感じたことは

「好きこそものの上手なれ」

これに尽きます。別に英語じゃなくても何でもそうです、数学でも社会でも。

嫌いなものを「仕方ない」から嫌々がんばったところで、楽しく勉強している人には絶対敵いません。

ということは如何に好きになるかだと思うんですよね。

 

自分は学生時代数学がどうしても好きになれませんでした。

何かしら面白さを見いだせれば理解しやすくなるのになぁ・・・と当時から思ってはいたものの、根っからの文系脳の自分には無理でした。

 

だから今、小学生の塾生・その保護者様には

「英語を先に勉強しておこう」

とは言いません。

「英語を好きになっておこう」

と話しています。

興味を持ってくれればそれで良いんです、結果は後からついてきます。

 

そして好きになる簡単なきっかけは

「中学最初のテストで高得点を取る」

ことです。先生にも褒められ、お父さん・お母さんにも褒められます。

友だちからは「すげー!」と言われ、自分も「得意かも」とポジティブに捉えるようになります。

逆に最初から躓くと、英語に限らずその教科に苦手意識を持ち、どんどん嫌いになってしまう負のスパイラルに陥ってしまいます。

 

 

今回のような女の子はそういないと思いますが、好きになることは得意になるための早道だと思います。洋楽から英語好きになったこの子ですが、他にも様々なきっかけがあるのではないでしょうか。

 

そういえば戦国武将のゲームが好きな子が小学生にいます。

歴史好き・・・にならないかな?(笑)