小・中学校専門塾講師の思うこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

学習塾の販促活動

塾の販促方法は色々あると思いますが、一番多いのは新聞折込だと思います。

 

■新聞折込

新聞と一緒に届くチラシはスーパーのものを中心に、家電量販店や車屋さんのもの、色んなものがありますが、塾のチラシも多くの方が見かけたことがあると思います。

 

■ポスティング

新聞とは別でポストに入っているものです。

新規オープンした近隣の店舗のものや、ピザ屋さんもよくポスティングを行っているので見かけますね。

 

■TV・ラジオ

TVCMでもよく塾・予備校のCMを見ますが、これは大手さんだけです。

まず地域の小さな塾にそんな販促費は出せません(笑)

ラジオも同じです。

 

■紹介

あとは塾生・保護者様からのご紹介。これが一番費用もかからず、成約率も高い王道のものです。ただし、当然その塾の価値を高める必要がありますしある程度の塾生の数が必要だと思います。紹介特典を紹介してくれた生徒・ご家庭と紹介された側の両方に用意したりします。

 

■HP・ブログ

最近だとHPはどこも当たり前のようにありますので、そちらも販促活動になるのかもしれません。個人的には他のきっかけで知ってくれた方に、もっと情報を提供するという意味で用意しています。直接インターネットの検索から生徒を集めようと思うと、少なくとも「その塾の地域名」「塾」などのキーワードで検索1ページ目に来ないと厳しいかと思いますし、そもそも検索したときの上の方は全て大手さんの広告が表示されますので勝てません(笑)

それかその上の方に出てくる「塾ナビ」さん等に登録するという手もあります。

多くの方が比較などで利用してくれますので、資料請求等は結構いただけるみたいですが・・・その都度費用が発生します。利用している塾さんも多いですが。

 

■地域情報誌や雑誌への掲載

雑誌というと大げさですが、地域情報誌などのスペースに掲載してもらう方法です。

地域のおいしいお店などが紹介されているのでけっこう皆さん目を通すらしく、地域の学習塾として目に触れてもらうことができます。

 

■戸別訪問

もうあまり見ることはありませんが、今でもやっているところはあるかもしれません。

というか自分は社会人になって最初にこれから覚えました。

羽毛布団・保険の販売よろしくピンポンからの営業です。後から上司に

「別にそれで契約が取れるとは思っていない、コミュニケーション力をつけてもらうためだの研修だ」

と聞きましたが・・・2件契約していただいた思い出。。。

 

まだあるかもしれませんが、このような方法があります。

その中で地域の小さな学習塾が行う販促活動としては、新聞折込とポスティングがメインになるかと思います。

 

今度は新聞折込とポスティングの考察をしたいと思います。