小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

学校の授業を大切にするために

小学校・中学校では授業をしっかりと受けていれば実は塾に通う必要はありません。

 

まず小学生のうちは「テスト勉強」なんてしたことない子の方が多いと思います。

でもテストでは90点~100点取れたという記憶はありませんか?

それは小学校のテストは単元が終わるごとにすぐ行うため「忘れない」からです。

あとは単純に難易度が易しいということもあります。

 

中学生になると単元ごとのテストではなく、「中間」「期末」にわけられるため授業が終わってすぐにテストがあるわけではありません。

そのため、復習をしないと忘れていきます。この復習がいわゆる「テスト勉強」ですね。

 

中学生になるとテスト後に学年順位が出ます。

どこの学校にも順位は一桁なのに塾には通っていないという子が必ずいるはずです。

 

その子たちは授業を大切にしているはずです。

そして授業がしっかり理解できれば授業は楽しいですし、少なくとも嫌で嫌でたまらない、退屈なものではなくなります。

 

つまり授業が嫌な子は授業が理解できていない子ということになります。

自分の塾では小学生に予習をさせていますが、それはなぜかというと

「学校の授業を楽しく受けてもらう」ためです。

 

先に予習をすることで学校の授業が復習になりますし、授業は理解できれば楽しいものです。皆に褒められて得意げにもできますしね(笑)

 

とにかく学校の授業を理解できないまま受けるというのはとても辛いことです。

何を言っているのかもわからないのに毎日何時間もそれを受ける・・・

もったいないし、可哀そうなことだと思います。

 

では学校の授業をしっかり理解していくために必要なことはと言いますと

「予習をしてから授業を受ける」か「授業のあとに復習をしっかりする」か。

どちらかです。

 

塾に通わずに好成績をキープしている子はほぼ後者でしょう。

それで上手くいくことを自分で理解しているので安定した成績を残しますし、ある意味勉強の仕方を知っているということですね。

 

自分の塾に通ってくれている生徒には前者の予習をしてもらっています。

入塾時点では基本的に学力がそれほど高くない子が集まりますので、まずは学校の授業をしっかり理解してほしいからです。

学校の授業が理解できれば自信がつきますからね。

 

そして段々と自分で復習ができるようになってくれれば、いずれ「自立学習」ができるようになります。勉強の仕方がわかれば勉強は自分でできるものだと思います。

今は良い教材も多いですし、自立して学習できるまでの手助けができればと日々思いながら指導しています。