小・中学校専門塾講師の思うこと

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

子どもにやる気を持たせるには

お父様・お母様、そして塾講師にとって最も難しくて最も重要なことですね。

 

やる気さえ出してもらえれば成績は塾なら・・いえ誰でもその子の成績を上げることができます。

やる気はあるのに「わからないところがある」「家では誰も教えてくれない」というのであれば、塾でも家庭教師でも始めればすぐに成績は上がります。

塾からしたらすごく有難い存在です。指導をすればどんどん成績が上がり、保護者様もご満足いただけますし生徒も喜びます。

 

しかし、塾に通う子というのは一部の進学塾を除き「そうではない」子の方が多いです。

やる気がない、家では勉強しない、学校の宿題もしない・・これはマズいと思って塾に通わせるというパターン。

 

なので、塾においては生徒に「やる気をださせる」ことが最大の仕事になります。

某大手塾さんの「やる気スイッチ」のCMはよくできているなぁと思います(笑)

 

自分の結論としてはやる気を出す引き金になるものというのは「コレ」という答えはありません。「人それぞれ違う」と考えています。

 

・人に(主に親など)褒められたいからがんばる。

・逆に良い結果を出さないと怒られるのが嫌だからがんばる。

 

 中1~2の生徒で中位層に多い「勉強する理由」です。

「テスト勉強しなきゃ」という習慣がつけばよいのですが、それまでは何かがんばる理由がいります。それは褒められるためにやるのでも良いし、怒られるのが嫌だからがんばるのでも良いと思います。

あとよく聞くのが

「○○位になったら、○○点取れたら○○を買ってあげる!」という約束を取り付けてそれをモチベーションにする子。

これは実は自分も子どものころ親にお願いしていましたね。 

正直なところ

「将来の自分のために勉強しなさい」

よりも

「10位以内に入ったら好きなゲーム買ってあげる」

の方が子どもには響くでしょう(笑)

 

また、テストの結果が悪かったりするとガミガミと怒るお母様もたくさん居ると思われます。その結果今度は怒られるのが嫌だから頑張る子もいれば、ふてくされて益々やる気をなくす子もいます。これは人によるとしか言えません。

 

TVを見たり本を読んだりして何かに「感動」し、やる気のスイッチが入る子もいます。

難しい話よりはスポーツ選手のドキュメンタリーとかの方が子どもにも入りやすいですね、特に自分がやっているスポーツならバッチリです。

だいたい大成功しているスポーツ選手は学生時代に学業もしっかりこなしているものです。

 

他にも色んなきっかけがあります。これはまだ自分も探している最中です。

親御様はどのようにされているのかもっともっとお話を聞いていきたいです。