小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

こども英会話

こども英会話教室が本当に多くなりました。

 

ママたちの間でも習い事というと「英会話はこれから必要」という風潮があるようです。

小さなうちからやらせないと発音が~という声も大きいので尚更かもしれません。

 

実際英会話は子どものころからやっておくとすごく良いと思います。

自分も小さなうちから無理やりにでもやらせてほしかった・・・と今言っても仕方ないですが。

 

さて、中学校から英語も正式な教科として授業が始まるわけですが、小学校も間もなく5年生から正式に教科となるようです。

 

ここで問題になるのが、(現在)中学校での評価の仕方は「読み書き」だということです。リスニングもありますので、完全に読み書きだけではありませんが、少なくとも

「話す」

ことはありません。

これは自分にも言えることなのですが、どれだけ読み書きができるよりもペラペラと外国人と話せるようになりたいと思うはず。そして本来の英語教育の目的はそこだと思うのです。

でも学校での評価は「中間テスト」「期末テスト」つまり「読み書き」です。

どれだけ英会話ができて発音がよくても筆記試験が悪ければ学校の成績には反映しないのです。

なぜこのようなことを書こうと思ったのかと言うと、最近自塾に

「英語の点数が伸びなくて・・・」

と入塾してきた子たち3名のうち2名が、小学校1年生から6年生までこども英会話教室に通っていたという出来事があったからです。

 

英会話も大人が通うような高度なものであれば自然と最低限の読み書き・知識は身につくのかもしれませんが、こども英会話の内容であれば学校のテスト勉強とは全く異なります。

お母様方は「6歳から英会話を習わせてるんだから・・」と学校の英語のテストくらい余裕だと思っているみたいです。が、別物です。

 

単語は書いてスペルを覚えなければいけないし、細かい文法も必要になってきます。

なので英会話も大切ですが、子どものころから読む・書くもしっかりやってほしいと個人的には思っています。


・小学校のうちにローマ字だけでも書けるようにしておく

・最初は大文字で書く、ピリオドやクエスチョンマークについて覚えておく

・英単語も簡単なものは漢字を覚える感覚で覚えられるようにする

 

これだけで中学1年生の英語は全く問題ないと思います。

最初のテストからしっかりできれば「得意意識」ができてその後も英語の勉強はスムーズにいきますが、最初の点数が悪いと「苦手意識」ができて英語の勉強自体嫌いになりがちです。

 

英会話だけでなく、読み書きもしっかりとやっておきましょう。

 

もう一度言いますが本来は読み書きより英会話をマスターしたいと誰でも思うはずです。学校の教育システム自体を変えないとダメですね(笑)