小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

読んで覚えるより書いて覚えよう

中間テストが終わってそう間もないのですが、期末テストがもうすぐ始まります。

教室ではもう期末テスト対策を実施しています。

今日は英語に関して少し考察したいと思います。

 

中学英語においては英文法は後回しでよいです。本文を何度も読んだり、ワークで似たような問題をやっていればテスト範囲の文法は「何となく」わかってしまうからです。

きちんと理解することがもちろん望ましいですが、単に定期テストで高得点を取りたいのであればわざわざ英文法の勉強をするほどでもないです。

英作文は一番難しいですからそれほど多くは出題されません。(一部私立校除く)

 

一番力を入れて欲しいのは英単語・熟語です。

国語における漢字と同じで覚えていなければ得点できませんが、覚えておけば絶対に点数がとれるものだからです。

そして前述の英作文がでたときも、単語が書けないと正答を書けないからです。

それは英文法も同じですが、範囲が決まっている定期テストでは英文法はテスト問題にヒントが散らばっています。

例えば本文読解や選択問題の中に「あ、これだ」というのがあるはずです。そこから単語を入れ替えたり熟語を使用すれば解けることが多いです。

 

また、英単語をしっかり覚えておかなければ後になるほど大変になります。

理科や社会と違い、以前のテストに出た英単語はもうわかっているものとして今後もずっとでてくるからです。

きちんと覚えずに放っておくとどんどん覚えないといけない英単語が増えてくるんですね。ずっと覚えないで3年生になり、いよいよ受験だというときに一から英単語を覚えなおす・・・ものすごく大変ですよね。

ですからしっかり1年生から覚えておくことがとても大切です。

 

最近とあるお母様から「英単語や熟語を覚えるよい方法はありませんか?」とご質問をいただきましたのでこうお答えしました。

 

「書いてください、何度も何度も」

 

本当にそうなんです。

毎年数人いますが、英単語のハンドブックのようなものをパラパラめくりながら「見て」覚えるのはあまり良くないです。それは覚えた子が確認するために行うもの。

 

英会話ならそれでも構いません。音読してそれが自分の耳に入るとても良い方法だと思います。

でも「定期テスト」の勉強としては絶対に書いて覚えた方がよいです。

漢字は読めるけど書けないという経験が誰にでもあると思います。

 

英語も読めても書けない子が多いです。それに加えて漢字と違って意味も覚えないといけませんし、そういった意味でも日本語の意味を読んで英語で書けるように練習しておいた方がいいです。

 

read⇒(   )  write⇒(   ) よりも

読む⇒(   )  書く⇒(   ) の練習をしましょう。

 

日本語を読んで英語が書けるようになれば日本語⇒英語、英語⇒日本語、スペル全て覚えることができます。

書いて覚えればもう手が覚えますし、結局学校のテストは筆記試験なので。

 

期末テストもがんばりましょうね!

 

繰り返しになりますが「中学生の定期テスト向け」の勉強法なので上級者の方は参考にならないと思います(笑)