小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

他人に迷惑をかけるのは絶対ダメ

学校で授業中に騒いでる子は叱られるでしょう。

 

塾だったらもっと叱られるでしょう。

 

学校の場合は先生によっては叱らず放置の先生もいるかもしれません。

でも塾では放置はしません。他の子の迷惑になるからです。

 

学校でも迷惑になりますが、叱らず放っておく先生がいるのは学校は辞めることができないからです。生徒が希望して退学できるものではないですし、先生方のお給料も保障されています。公務員ですから。

 

何が言いたいのかというと、塾は教室で騒がしくされると他の真面目な生徒は勉強に集中できないので、それを親に伝えて簡単に退塾につながります。そして生徒がいなくなれば塾講師は仕事がなくなります。雇う余裕がなくなり、更には経営者・塾長も塾の運営が難しくなります。

そりゃ叱りますよね。学校とは違う。

 

でもそういう思いだけで叱ってるわけではないと思います。

安くないお月謝をお支払いいただいて通ってもらっているのに、全く勉強できない環境だったら・・詐欺みたいなものです。何よりもその騒いでる本人にもがんばって成績を上げてほしいと思っているからこそ叱ります。

 

学校でもやはり授業中に騒ぐ子・・周りの勉強したい子の迷惑になる子は絶対に指導すべきです。自塾の生徒に聞いた話だと先生によっては授業中誰も話を聞いていないなんてこともあるみたいで。。。

 

その話をしてくれた子は理科の授業をこちらで受けてもらっています。予習・復習ではありません。「授業」そのものをこちらでやっています。

理由は学校ではまともに授業になっていないからです。

 

「他人に迷惑をかけるな」とはよく言ったもので、自分だけが損をすることであればまだ理解できます。

 

・居眠り→自分がわからなくなるだけ(他人に迷惑にはなりにくい)

・授業を真面目に聞いているふりをして上の空→同上、他人には無関係

・ズル休み→同上・・・

 

結局本人にとってはよくない結果になっても、被害を受けるのが本人だけであれば叱られることはそうないと思います。

 

でも本人のことを思えばこそ叱ることは必要です。

「怒る」のではなく「叱る」ことは重要だと思います。

 

それは学校にも言いたいこと、徹底してほしいことですし塾でも同じ。

 

塾は贅沢です。

保護者様にとって、お子さんがきちんと勉強できるのであれば必要のない出費です。

それも安くない出費です。

 

それだけのお金をいただいているのであれば、我々もそれに応える必要があります。

ならば「保護者様の要望=成績を上げる」ために状況によっては叱ることが必要です。

 

適当に楽しく過ごさせてお月謝をいただいているだけの塾は絶対に長続きしません。

その塾に成績を上げる以外の何か強力な付加価値があれば別ですが。

 

次は

「他人に迷惑をかけていないけど本人のためになっていない」

ケースを考察したいと思います。