小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

塾に入る=成績が上がるではない

塾に行ってすぐに成績が上がる子は一部の生徒のみだと思っています。

具体的に言うと「成績上位層」の子たちです。

 

学校の授業は完全に理解してますので、更に先のことを学習したり、理解を深めるために応用問題や確認の演習を繰り返します。

もともと理解力があるので説明にも手間取らず、時間を効率的に使い多くを吸収できるでしょう。

 

では成績下位層~中位層の子たちは塾に通っても成績が上がらないのかと言うとそんなことはありません。が、少し時間がかかることを知ってほしいと思います。

 

例えば中間テストの1~2週間前に入塾してきて

「中間テストの結果が前回より〇〇点以上上がった!」

ということは、なくはないですが難しいと思います。

 

というよりそれが出来る子はおそらく塾に通わなくても達成しているでしょう。

 

下位~中位の子を引き上げるには何といっても「やる気」を引き出すことだと考えています。

やる気のある生徒は塾からしたら楽です。

マニュアル通りに指導すれば成績は上がっていきますし、その先生の力ではなく生徒自身の力です。(講師の力量でその幅は変わりますが)

仮に「やる気のある成績最底辺の生徒」がいたとしたら短期間で40点~50点UPも可能だと思います。そもそもやる気があればそうならないのでかなりレアケースですが。

 

要するに成績下位~の子たちは勉強に対してやる気がありません。

なのでそこのやる気を引き出すのが塾の仕事だと思いますし、成績が上がると評判の塾がお近くにあるのでしたら、きっとその先生がやる気を引き出すコツを知っているのではないかと思います。もしくは嫌々でも成績が上がるシステムをその塾様が構築されているのではないでしょうか。

 

やる気がない生徒は非常に難しいです。

人間ですから、どれだけ丁寧に根気よく説明をしても

「覚える気がない」

のであればもう無理です。生徒によって差はあれど覚えようとするやる気によって学習効果は大きく変わります。

 

自分だって全く覚える気がないものはさっぱり覚えられません(笑)

覚えようという意思から記憶するのですから。

 

今から書くことは全ての塾さんに共通することではないかもしれません。

 

塾ではやる気を引き出すよう少しずつ粘り強く指導をします。

ですから数週間や1~2ヶ月で成果が出なかったからと塾を変えるのはやめた方がいいです。これは我々のためではなく、生徒さん・お子さんのためです。

 

目に見える成果が出ていなくても、生徒さんたちは少しずつ変化をしています。

その努力が結果として現れる前に違う場所へ行くと、また0からです。

結果が出ないと生徒たちは次第にやる気をなくしてしまいます。

 

ある程度の時間は必要です。

塾に行けばすぐに成績が上がるわけではありません。

もちろん1~2年通っても全く成績に変化がない・・むしろ下がっているというのであれば塾に問題があります。

 

家庭学習も必須です。

塾のみの勉強で家ではずっと遊んでいるのであれば成績向上は難しいものです。

本人+塾+保護者様で協力できればより早く成果を上げることができます。

 

塾に入れば成績は自動的に上がるものではありません。

生徒自身が変わる手助けをします。

もちろん成績向上のために全力を尽くします。

そのためには親御様のご協力も必要だと自分は考えています。

 

受験生はなおのこと。

全員一丸で頑張りましょう!