小・中学校専門塾講師の思うこと

小・中学生専門塾講師の思うこと

とある個別指導塾の講師です。家庭教師もやっています。

【スポンサーリンク】

英語の前に日本語を覚えなさい

最近の保護者様は本当にお子さんの英語教育に熱心だなと思います。

メディア・世間も「子どもの英語教育」を大きく取り上げるのでその影響が大きいとは思いますが。

 

これも自分なんかが思っていることなので、もっと発言力の大きな人が既に言われていることだとは思うのですが・・タイトルのことです。

 

「正しい日本語」という意味で比喩でいうのではなく、1~2歳の本当に日本語自体まだきちんと覚えていないうちから英会話を習わせる親が非常に多いそうです。

どこ情報かというと自分の娘の保育園ママ友情報です(笑)

 

いやいやいや・・・日本語覚えていないのに英語って。。

 

自分なら英会話よりも小さなうちにたくさん本を読ませたいです。

想像力がついたり感情移入も覚えますし、言葉遣いや語彙力も増えるでしょう。

 

特に今の時代はスマートフォンやPCの普及によって本を読む環境がなくなってきました。環境というか状況・・ですかね、電車に乗っても本を読んでいる人はいなくなりました。皆スマートフォンです。

 

自分の師匠とも言える先生が言っていたことなんですが

「国語ができる子は成績を伸ばすことができる」「逆に国語ができない子は厳しい」

よく言っていました。

 

これは自分が指導を続けていくうちに実感するようになりました。

 

国語が4とれるような子であれば、他の教科がすべて1~2でも成績を上げる自信があります。

ですが国語で1の子の他教科を伸ばしてあげることはそう簡単ではないと思います。

 

結局日本人なんだから日本語ができなきゃダメです。

 

東進の国語の先生が言ってました(林先生じゃないですよ)

「国語は日本語です、100点が取れるようになっているんですよ」

なるほどなぁと受験生のときに思いましたね。

 

現代文は自分の周りでは最も高得点が取りづらいものとして認識されていました。

でも「日本語なんだからきちんと理解すれば最も点数が取れるはずのもの」というのは自分にとって目から鱗でした。

 

子どものうちから英会話を習う方が大人になってから習うよりも覚えやすいということは間違いありません。

 

それでも日本語を疎かにしてまで勉強するものでもないと思っています。

英語教育の前にまずは正しい日本語や道徳を身に着けるべきです。

 

「最近の若い者は~」

とはあまり聞かなくなりましたが、全て大人の責任だと思っています。

正しい日本語を大人が身につけ、そして子どもとたくさん会話してほしいです。

 

日本語って本当に難しいですよね(笑)